週刊MEOレポート【ご当地ハンバーグ4ブランド編】を公開しました

週刊MEOレポート【ご当地ハンバーグ4ブランド編】を公開しました

口コミサイトを”もっと”売上に変える『口コミコム』を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区、以下mov)は、『口コミコム』独自のAI分析機能を用い、ご当地ハンバーグの4ブランド(さわやか、フライングガーデン、ハングリータイガー、あっぷるぐりむ)の合計111店舗に寄せられた80,000件を超える口コミを分析してレポートを作成しました。

口コミは「消費者の購買行動にもっとも影響を与える要素」のひとつであり、Webマーケティングにおいても無視できないものになっています。しかし、現場では個別の記載ひとつひとつに目を通し一喜一憂している担当者も多いのが現状です。

 

そこで、口コミコムでは #週刊MEOレポート として、「口コミはたくさん書かれているけど、イマイチ有効活用できていない….」と悩んでいる担当者の方向けに、口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」や、人気店の「商売繁盛の秘訣」を口コミから分析してご提案します。

今回は全国的に人気の高い「ご当地ハンバーグチェーン」について、静岡県からさわやか(全34店舗)、関東圏のフライングガーデン(全58店舗)、神奈川県のハングリータイガー(全12店舗)、長野県・新潟県・富山県で展開するあっぷるぐりむ(全7店舗)の口コミを分析しました。調査対象はGoogleマップ、Yahoo!マップ、グルメサイト・食べログに寄せられた合計80,000件超の口コミを分析しています。

 

全国的に知名度のあるご当地ハンバーグ屋の口コミを分析

ご当地ハンバーグブランドの新規口コミは、2016年以降に急激に増加しています。2022年もこのままのペースで行くと、25,000件程度の新規口コミが投稿される見通しです。

 

詳細なレポートではブランド別に、1店舗あたりの平均口コミ投稿件数や、3ヶ月移動平均でのレビュースコアなども掲載していますので、是非ダウンロードして詳細をご確認ください。

【無料】「ご当地ハンバーグ4ブランドの口コミ分析レポート」のダウンロードはこちら
https://kutikomi.com/resource/reviewanalysis/local_hamburg/

ブランドごとに異なる頻出キーワード

各種レビューサイトに寄せられる口コミは、忖度のない「お客様の声」です。口コミコムの独自AIを活用することで、頻出キーワードを出現回数、ポジティブ/ネガティブの判断、QSCA(Q:品質、S:接客、C:清潔さ、A:雰囲気)のいずれに関する内容かを自動で判別し、スコアリングしてレポートできます。

これらのキーワードをモニタリングしていくことで、具体的な店舗改善施策を実施することが可能となります。

 

各社共通のキーワードを横串で比較

 

ハンバーグに関する口コミだけを抽出し、登場回数やポジティブ/ネガティブの文脈判断を比較検討できるように整理しました。分析結果を確認すると、ハンバーグそのものに対する評価は各ブランド高評価で差がないことが分かります。一方で、ご当地性などのキーワードについては、静岡県のさわやかが他と比較して言及回数が圧倒的に多いことが読み取れます。

上記のキーワード以外にも、予約や店舗サービスに関する共通キーワードなどでの各ブランド比較も行っております。より詳細な情報はレポートをダウンロードして是非、ご確認ください。

 

【無料】「ご当地ハンバーグ4ブランドの口コミ分析レポート」のダウンロードはこちら
https://kutikomi.com/resource/reviewanalysis/local_hamburg/

 

詳細は以下リリースを参照ください

2022年は〇〇パンが流行る!口コミ分析でわかった、人気集めるパン屋の「共通点」とは

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000085.000024246.html