プレスリリース2019年のインバウンド10大ニュース・流行語大賞を公開しました

2019年12月26日

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)は、「2019年インバウンド業界10大ニュース」「2019年インバウンド業界流行語大賞」「2019年インバウンド対策関心度ランキング」を、本日2019年12月26日(木)に公開いたしました。

株式会社movが運営する、インバウンド業界最大級ニュースサイト「訪日ラボ」およびインバウンド対策サービス資料請求サイト「訪日コム」で公開するコンテンツを独自の指標で評価。インバウンド業界の節目となる2020年を目前に控えた2019年にインバウンド業界で話題となった事柄を、業界最大級メディアだからこそできる視点で振り返ったものです。

2019年インバウンド業界10大ニュース
2019年インバウンド業界10大ニュース

1位は「日韓関係悪化で訪日韓国人観光客大幅減」に。日韓関係の悪化、それにともなう「ボイコットジャパン」運動により、訪日韓国人が大幅に減ったことは2019年インバウンドに最もインパクトをあたえました。

一方、プラスの話題として「ラグビーW杯大成功インバウンドへの影響大」が2位に。アジア初の開催は「過去最高のW杯」と評され、約58万人の訪日客を誘致し大成功に終わりました。

詳細→ https://honichi.com/news/2019/12/26/inboundtop10news/

詳細は以下リリースを参照ください
【2019インバウンド業界を総括】訪日ラボが選ぶ「10大ニュース・流行語大賞・インバウンド対策関心度ランキング」を一挙公開!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000024246.html