プレスリリース書籍「インバウンド調査報告書2020」を発売開始しました

2019年10月24日

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)が執筆した「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]( https://book.impress.co.jp/pr/form/inbound-report.html )」が、2019年12月24日(火)に発売開始となります。

本報告書の調査結果から、日本全体の訪日客数は堅調に増加しているものの、関東エリア7都県中5件で、訪日外国人1人あたり消費額が減少していることがわかりました。その背景にあるのは、平均宿泊日数の減少です。一方で、インバウンドの地方分散化が推進しているとも捉えられ、日本全体で見れば必ずしもネガティブな傾向ではないものの、関東エリアでは旅ナカ施策にテコ入れすることで、宿泊日数に比例して変動しにくい消費の強化が必要になると考えられます。

訪日ラボ著「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]」
訪日ラボ著「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]」

詳細はこちらから:

https://honichi.com/news/2019/12/17/honichilaboximpressreport/

サンプル版ダウンロードはこちらから:
https://service.honichi.com/reports/inboundreport2020/detail/

予約・購入はこちらから:
https://book.impress.co.jp/pr/form/inbound-report.html

「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]」からわかる関東のインバウンド消費のトレンドとは:
関東エリアの訪日外国人1人あたりの消費額が低下している
消費額減の背景には、関東エリア訪問者の平均宿泊日数の低下がある
1人あたり消費額減少への対応策として、旅ナカ施策の充実が必要

詳細は以下リリースを参照ください
【関東のインバウンド消費、実は減少中!?】インバウンドの「今」がわかる!訪日ラボ著「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]」発売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000024246.html