プレスリリースコロナ禍のインバウンド対策意識調査を実施しました

2021年3月22日

株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)が運営する国内最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」が、「インバウンド対策意識調査」に関するアンケート調査を実施いたしました。
今回のアンケート調査結果の詳細は、本日3月22日(木)より発売開始する「2017年4Qインバウンドデータレポート」に掲載されており、500ページ以上あるそのレポートの内容の一部を抜粋したものとなります。

2017年4Qインバウンドデータレポート
http://inbounddata.sub.jp/

調査結果は以下の通りです。

< 調査結果 >
調査対象 : 訪日ラボWEBサイト読者・訪日ラボメールマガジンユーザー 調査方法 : インターネット調査
調査時期 : 2018年03月05日〜03月14日
回答者数 : 158名
設問数 : 13問(回答内容によって異なります)

【質問】社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?
非常に積極的なムード 41.77%
まあまあ積極的なムード 48.73%
消極的なムード 8.86%
撤退を考えている 0.63%

社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?
社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?

 

その他詳細は以下リリースを参照ください
【インバウンド対策意識調査】約90%がインバウンド推進ムード、しかし受け入れ体制満足度は43.5%。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000024246.html